社会福祉法人 阪神福祉事業団*阪神福祉センター
イメージ

ごあいさつ

理事長りじちょう もり すすむ

 阪神福祉事業団はんしんふくしじぎょうだんは、昭和しょうわ39ねん阪神はんしんちょう尼崎市あまがさきし西宮市にしのみやし芦屋市あしやし伊丹市いたみし宝塚市たからづかし川西市かわにしし猪名川町いながわちょう)の地域ちいき住民じゅうみん福祉ふくし増進ぞうしんはかるため、6ちょう共同きょうどう運営うんえいする社会しゃかい福祉ふくし事業団じぎょうだんとして設立せつりつされました。

 以来いらい本事業団ほんじぎょうだんは、福祉型ふくしがた障害児しょうがいじ入所にゅうしょ施設しせつ「ななくさ学園がくえん」、救護施設きゅうごしせつ「ななくさ厚生院こうせいいん」、障害者しょうがいしゃ支援施設しえんしせつ「ななくさ育成園いくせいえん」、「ななくさ新生園しんせいえん」、「ななくさ清光園せいこうえん」、特別養護老人とくべつようごろうじんホーム「ななくさはく寿じゅそう」の6施設しせつ診療所しんりょうしょ運営うんえいし、6ちょう地域住民ちいきじゅうみんのみなさまにご利用りよういただいております。さらに、グループホームなずなのいえ老人ろうじんデイサービス事業じぎょう短期入所事業たんきにゅうしょじぎょう相談支援事業そうだんしえんじぎょう障害児等しょうがいじとう療育りょういく支援しえん事業じぎょう居宅介護支援事業きょたくかいごしえんじぎょう展開てんかいし、地域ちいき在宅福祉ざいたくふくしサービスの充実じゅうじつにもつとめております。

 近年きんねん少子高齢化しょうしこうれいかすすむなか、年金ねんきん医療いりょう福祉ふくし諸制度しょせいど問題等もんだいとう今後こんご社会保障しゃかいほしょうかたおおきな課題かだいとなっております。さらに、きびしい経済環境けいざいかんきょう地域ちいき家庭かてい変化へんかなどにより、多様たよう生活課題せいかつかだい福祉ふくしニーズがしょうじているなかで、社会福祉しゃかいふくしサービスへの期待きたいはますますたかまっています。一方いっぽうで、社会福祉改革しゃかいふくしかいかく進展しんてんのなかで、社会福祉法人しゃかいふくしほうじんにおいても、利用者本位りようしゃほんいのサービスの提供ていきょう自主的じしゅてき主体的しゅたいてき法人経営ほうじんけいえいもとめられています。本事業団ほんじぎょうだんでは、こうした時代じだいながれを見据みすえ、利用者主体りようしゃしゅたい福祉ふくしサービスの充実じゅうじつ発展はってんはかるとともに、効率的こうりつてき事業運営じぎょううんえいによる自主的じしゅてき法人経営ほうじんけいえい推進すいしんんでまいります。

 本事業団施設ほんじぎょうだんしせつの「ななくさ」という名称めいしょうは、「はる七草ななくさのように夢多ゆめおおさちあれかし」というねがいがめられています。本事業団ほんじぎょうだんは、利用者りようしゃのみなさまが「ななくさ」と出会であうことで、ゆめ希望きぼうってきとした人生じんせいごせるように、出来できかぎりの支援しえんをさせていただきたいとかんがえています。そして、昭和しょうわ39ねん法人設立以来ほうじんせつりついらい阪神はんしんちょう関係者かんけいしゃ地域ちいきのみなさまとともにんできた、利用者りようしゃ一人ひとりひとりのしあわせの実現じつげん心豊こころゆたかな共生社会きょうせいしゃかい目指めざしていくという本事業団ほんじぎょうだん使命しめい継承けいしょうし、地域社会ちいきしゃかい期待きたいされる社会福祉法人しゃかいふくしほうじんでありつづけるよう、職員しょくいんとともに努力どりょくかさねていく所存しょぞんでございます。

 最後さいごに、地域ちいきのみなさまの本事業団ほんじぎょうだんへのますますのご協力きょうりょく、ご支援しえんこころからおねがもうげます。


シンボルマーク

すべてのものの心の中に萌芽されている意思―現在(いま)まさに伸びようとする新芽―をイメージに託しました。

阪神福祉事業団が運営する各施設の頭にすべて「ななくさ」と名をつけているのは、6市1町の7つを象徴するとともに春の七草のように「利用者に夢多く幸あれかし」という願望がこめられています。