社会福祉法人 阪神福祉事業団*阪神福祉センター
バリデーション〜その理論と方法〜「ロールプレイ」
2017/06/30

6月23日(金)2回シリーズの1回目としてバリデーションの「ロールプレイ」研修会を開催しました。

今回も引き続き日本のバリデーションの第一人者である都村先生にお越し頂き、ご教授頂きました。

 前年度に「15のテクニック研修」を受講したメンバー12名は、グループに別れて認知症高齢者役、ワーカー役の両方の立場を演じながら、両方の疑似体験を通じて受け手(認知症高齢者役)側の感情の変化や伝える側のテクニックの難しさ等、ロールプレイならではの新たな発見がありました。

今回は比較的進行状態の低い方を想定した研修でした。次回は認知症の症状が重い方を想定した研修の予定です。更なる学びを深めていきたいと思います。